2.貸与奨学金の申請手続

 

 

1)学部生

 

予約採用・・・入学の前年度に高校で奨学金の申請をして採用候補者になった学部1年生が対象

 

在学採用(学部1年・・・学部新入生が奨学金を新規に申請する場合

 

在学採用(学部2年以上)・・・在学生が奨学金を新規に申請する場合

 

 

(2)大学院生

 

予約採用・・・大学院合格者が入学前に奨学金を申請(実施学府に限る)する場合

 

在学採用・・・新入生を含む大学院生が奨学金を新規に申請する場合

      

大学院10月入学者を対象として9月又は10月に秋季採用の募集を行います。手続・必要書類は大学院在学採用と同様です。

 

 

(3)緊急・応急採用・・・家計支持者が失職、破産、事故、病気等もしくは火災、風水害等の災害により家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合

 

日本学生支援機構の貸与奨学金は以下の方は対象となりません。

・休学、留年(休学による留年を除く)

・留学や家族滞在などのビザで在留する外国籍の方

・研究生、科目等履修生等の非正課生

申込資格や申込基準は、「奨学生案内」で確認してください。

 

※奨学金申請手続に関する注意事項

@奨学金の申請には一連の手続があり、それぞれに期限が設けられていますので、その期限を厳守してください。

A一部の書類が揃わず期限に間に合わない場合は、期限前に奨学金担当係に相談してください。

B次の場合は奨学金の振込が止まり、最終的には奨学生の身分を失い、既に振り込まれた奨学金の即時一括返金が求められます。

・奨学金採用決定後に日本学生支援機構から大学へ送付され、奨学金担当係で配付する「返還誓約書」等の書類を受領しなかった場合

・「返還誓約書」及び添付書類を期限までに提出しなかった場合

・提出書類に不備があり、期限までにその不備が解消できなかった場合

 

「返還誓約書」に印字されている内容を修正する際に提出する「返還誓約書記載事項訂正届」(様式25)はこちらからダウンロードできます。